霧島市花火大会2017場所取り穴場【風向き速報】



霧島市花火大会
2017

9月30日(土)
20:00~20:30
荒天時は中止

Sponsored Link

~~目次~~~~~~~~~~~~~~~
霧島市花火大会2017基本情報
アクセスと臨時駐車場、シャトルバス
風向き速報
花火の見やすい場所や穴場
花火大会に持って行きたい持参物
花火関連の「おもしろ」動画

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

霧島市花火大会2017基本情報


・・・桜島と錦江湾を背景に霧島市の秋の夜を彩る花火大会。音楽とカラフルなフルカラーレーザーがシンクロするなかで打ち上げられる花火の演出が特徴で、30分という短い時間のなかで6000発もの花火が打ち上げられる密度の濃い花火大会です。

打ち上げ数 約6000発(予定)
前年の人出 約2万人
開催日時 2017年9月30日(土) 20:00~20:30(予定)
荒天の場合 荒天時は中止
有料席 なし
問い合わせ先 0995-45-0313 霧島市花火大会実行委員会(霧島商工会議所内)

変更情報などの確認 公式ホームページや関連サイト 

開催場所 鹿児島県霧島市 / 霧島市国分キャンプ海水浴場

打ち上げ場所の地図

スポンサーリンク

アクセスと臨時駐車場、シャトルバスの情報

電車なら
JR日豊本線-国分駅
JR日豊本線-隼人駅
を下車の上、有料のシャトルバスを利用(片道:中学生以上200円、小学生100円)

車なら
臨時駐車場から有料のシャトルバスを利用(片道:中学生以上200円、小学生100円)

※臨時駐車場、シャトルバス 詳しい情報はこちら

風向き速報

花火を楽しむための注意点・・

花火大会を楽しむ際、重要なのは「風向き」のチェックです! 風下(かざしも)だと、煙で花火がキレイに見えない状態になります。

Σ(゚Д゚;) ナニ!

風向きを甘く見てはいけません。風下になった場合は下の写真のように、残念な花火大会に思えてしまいます・・

風下(かざしも)

そこで!

1時間ごとの風向き予想を教えてくれる、Yahoo!の風向き予測のページを活用しましょう。

風向き速報
■矢印4つ 
Yahoo!の風向き予測
(鹿児島エリア)

 
風向きを考慮して「見やすい方角」から当日の観賞場所をお探しください・・・ 

ということで 打ち上げ場所 をもう一度確認

以下は、霧島市花火大会で花火の見やすい場所(穴場など)になります。

霧島市花火大会で花火の見やすい場所や穴場

南公園(霧島市国分上井)

高台から、霧島市の夜景ともに花火が見れるスポットです。国分南中学校の臨時駐車場から徒歩15分。

水戸川水門周辺(霧島市国分湊)

花火会場から少し離れていますが、花火を遮る建物などがないため花火はよくみえるスポットです。

湊地区コミュニティ広場(霧島市国分湊265‐2)

国分南中学校の臨時駐車場から徒歩15分。芝生の広場で花火鑑賞できます。レジャーシート持参がおすすめ。



花火大会に持って行きたい持参物

この開場にかぎらず、花火大会に出かける際は、下記のチェック項目を確認してから出かけましょう!

飲料水・凍らせた水のペットボトル~熱中症予防の観点からも水分補給は大事です。体を冷やすためにも凍らせたペットボトルは必須で、手洗い用などとしても利用できます。

タオル・ハンドタオル・凍らせたタオル~汗を拭いたり、水で濡らして体を冷やしたりできます。

ティッシュ・トイレットペーパー~用途は様々です。

ウェットティッシュ~会場周辺の仮設トイレには手洗い場がないことが多い!露店の食べ物で、手がベタベタになった時などウエットティッシュが大変便利!

ゴミ袋数枚~ゴミは持ち帰りましょう。

敷物~公園など芝生の地面がなど気になる方はご用意を。

懐中電灯。夜道は暗い所が多いです。携帯電話のライトだけだと心細い・・

虫除けスプレー・虫刺され薬~特に河川敷には蚊がたくさんいます。

早めの場所取りをする女性なら、帽子・日傘・日焼け止め~必需品です。

新作浴衣はいかがでしょう?

花火関連の「おもしろ」動画

まちがって2万発の花火を15秒で暴発させてしまったアメリカの映像・・

覚えておくと便利!スマホで花火をキレイに撮影方法

ドローンで撮影した「花火の中」からの撮影がスゴイ!


 
鹿児島県の花火大会の一覧ページを作りました。
花火大会【鹿児島県】2017日程一覧(見やすい)
九州地方全体のスケジュールはこちら
花火大会2017【九州地方】スケジュール一覧(見やすい)

花火はやっぱりいいですね!(^o^)ノシ

Sponsored Link



関連記事&おすすめの記事

サブコンテンツ
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.